毎日を『余裕』で生きよう!自宅をオフィス化してネットで賢く稼ごう!
素敵な女性のセブンルール

花屋みたて/西山美華の経歴や年収は?値段や通販・購入店はどこ?夫や子供(息子)との生活は?

2013年4月に京都府北区紫竹に花屋「みたて」をオープンし、山野草を取り扱う花屋として注目を集めている店主の西山美華さん。

そんな西山美華さんが、”今、最も見たい女性”として、2021年6月15日放送の『セブンルール』に出演されます。

そこで、今回は花屋「みたて」の店主・西山美華さんをピックアップしてみたいと思います。

西山美華さんのプロフィールをはじめ、経歴や年収、花屋「みたて」の値段や通販・購入店はどこにあるのか、結婚した夫や子供との生活など調査していきますよ。

花屋「みたて」の店主・西山美華さんとは、一体どんな人物なのでしょうか?

西山美華のプロフィール!経歴や年収は?

まずは、花屋「みたて」の店主・西山美華さんのことを知ってもらうために、プロフィールから紹介していきましょう。

出典:https://www.ktv.jp/7rules/program/210615.html

  • 本名:西山 美華(にしやま みか)
  • 生年月日:1982年or1983年生まれ
  • 年齢:38歳(2021年6月現在)
  • 出身地:広島県
  • 最終学歴:大阪の大学卒業
  • 家族構成:夫 子供1人(息子)
  • 職業:花屋
  • 勤務先:花屋「みたて」
  • 趣味:骨董品 古道具 読書

以上が、花屋「みたて」の店主・西山美華さんのプロフィールとなります。

西山美華さんは、山野草を取り扱っている花屋として注目を集めていますが、芸能人というわけではないので、基本的なプロフィールは公表されていませんでした。

最終学歴については、大阪の大学を卒業したという情報はあるものの、大学名までは公表されていなかったのですよね。

一部の情報では、彼女の最終学歴は大学ではなく「短期大学卒業」という情報も・・・。

ただ、2021年6月15日放送の『セブンルール』の予告では、”大阪の大学を卒業”となっているので、彼女の最終学歴は大学卒業で間違いないと思います。

そんな西山美華さんの経歴や年収はどうなっているのでしょうか?

出典:https://www.tsumurakampo.jp/me/09/

まず、彼女の経歴についてですが、幼い頃から花が大好きだった西山美華さんは、”あらゆる花を食べては、病院に駆け込んだこともあった”と語るほど、子供の頃から花に対する好奇心が旺盛だったとのこと。

そのため、大阪の大学を卒業した西山美華さんは、大手の生花店に就職されたのです。

その大手生花店では、約8年ほど勤めていたのですが、”花で人を感動させたいのに、自分が感動できなくなった”という理由で退職することに・・・。

そして、当時交際していた夫との結婚と、30歳という節目の年齢になったことを機に、山野草の専門店花屋「みたて」を2013年4月に京都府北区紫竹に夫と一緒にオープンさせたのです。

出典:http://cafe-shiroiro.jugem.jp/?day=20130618

通常、花屋というのはハウスなどで手を加えられて育った花を販売するのですが、西山美華さんは”自然そのままの美しい山野草を、四季を感じながら届けたい!”という想いがあったのですよね。

それを実現するために、花屋としては非常に珍しい山野草の専門店花屋「みたて」をオープンさせたということだったのです。

大手の生花店を退職し、山野草の専門店花屋「みたて」をオープンさせたというだけでも驚きなのですが、西山美華さんはお店をオープンした2ヵ月後には、子供を出産しているのですよね。

夫と結婚するというだけでも大きな環境の変化なのに、自身のお店もオープンさせただけでなく、子供も出産し初めての子育ても加わったとなると、西山美華さんがどれだけ大変だったのか、子供を持つ母親ならわかってもらえるのではないでしょうか?

ただ、結婚と出産・子育てを同時に経験したことがある人はいても、自身のお店をオープンさせた時期まで重なっているという人はなかなかいないと思います(笑)。

そんな状況下でもお店をオープンさせたということは、”花で人を感動させたい!”という想いが、西山美華さんを突き動かしていたのかもしれないですね。

ですが、初めての経験が重なったことで、西山美華さんは体調を崩してしまったとのこと。

そのため、2019年5月に花屋「みたて」をリニューアルオープンし、現在の営業スタイルとなる「完全予約制」での接客に変更したのです。

出典:https://www.ktv.jp/7rules/program/210615.html

そして、西山美華さんは従来のお店に置いている山野草を売るのではなく、お客様の好みを聞き出し希望に合った山野草を提案するというスタイルを確立したのですよね。

その結果、多くのお客様に山野草の良さを伝えられるようになったのです。

現在では、お客様への山野草の販売だけでなく、手習い会や展示会の開催、料亭や旅館といった店舗の切り花や盛り花、茶会や展示会、個人宅の掛花や装花なども担当しているとのこと。

彼女のこだわりは、多くの方から好評を得ているのですよ。

では、花屋として特殊な経歴を持つ西山美華さんの年収はどれぐらいあるのでしょうか?

出典:https://www.tsumurakampo.jp/me/09/

気になったので、西山美華さんの年収を調べてみたのですが、さすがに彼女の年収は公表されていませんでした。

ちなみに、花屋の平均年収は約320万円前後と言われているようですね。

もちろん、花屋の店主となれば、お店の規模や売上げによって、年収の違いはあると思いますが・・・。

ただ、西山美華さんの場合、夫と一緒に花屋「みたて」を経営しているため、花屋「みたて」の売上げが西山家の収入ということになります。

子供が1人いる上に自身でお店を経営していると考えたら、年収320万円前後では非常に厳しいでしょう。

西山美華さんの場合、花の販売だけでなく手習い会や展示会の開催、料亭や旅館といった店舗の切り花や盛り花、茶会や展示会、個人宅の掛花や装花なども担当しているため、一般的な花屋よりは年収は高いはずです。

そのため、西山美華さんの年収は500万円以上はあると推測しています。

そんな西山美華さんは、”今、最も見たい女性”として、2021年6月15日放送の『セブンルール』に出演されます。

彼女が導き出した7つのルールとは、一体どんなものなのでしょうか?

西山美華さんが成功をおさめた根源が、『セブンルール』で垣間見えるかもしれないですよ。

 

花屋みたての値段や通販・購入店はどこ?

出典:https://www.instagram.com/p/CO4yqhLn8_r/

結婚した夫と一緒に、2013年4月に京都府北区紫竹にオープンさせた山野草の専門店花屋「みたて」。

”花で人を感動させたい!”という想いでお客様に山野草を提供している西山美華さんですが、花屋「みたて」で提供されている山野草の値段や通販・購入店はどこにあるのでしょうか?

まず、花屋「みたて」の山野草の値段についてですが、花屋「みたて」ではお客様の用途や好みに応じて提案するため、決まった値段は設定されていません。

寄せ植えや盛り花等の値段は、10,000円~となっていますが・・・。

そのため、お客様と相談して内容と値段が決まるといったシステムになるようですね

ちなみに、花屋「みたて」では値段が決まっている商品もあるとのこと。

出典:https://www.hanaya-mitate.com/flower/kisetsu-no-kibako/

  • 季節の木箱  4,400円
  • 京の木箱   6,600円
  • 山のたより  5,500円
  • 送り筒   13,200円

また、花屋「みたて」が選んだ草木を1年間、定期でお送りするという「季節のおまかせ便」というのもあります。

「季節のおまかせ便」の種類と値段が、切り花は月2便で値段が120,000円(年間)、寄せ植えは月1便で値段が60,000円(年間)、室札は月1便で値段が150,000円(年間)、山のたよりは月1便で値段が60,000円(年間)とのこと。

値段だけを見たら、”値段が高い!”と思う人が多いかもしれませんが、西山美華さんがお届けする山野草などを見てもらえたら、値段設定にも納得してもらえると思いますよ。

また、花屋「みたて」の通販・購入店はどこにあるのでしょうか?

まず、花屋「みたて」のお店の場所がこちらです。

  • 住所:京都府京都市北区紫竹下竹殿町41
  • TEL:075-203-5050
  • 営業日:金曜日 土曜日
  • 営業時間:12時~17時

ただ、花屋「みたて」のお店は、あくまでも観賞用やお客様の好みを知るために、いくつか山野草を展示しているだけで、西山美華さんにとっては購入店という認識はなさそうですね(笑)。

もちろん、お店で購入したいという希望があれば、購入は可能だと思いますが・・・。

また、花屋「みたて」の通販については、お店の公式HPから通販で購入・注文が可能となっています。

花屋 みたて (hanaya-mitate.com)

花屋「みたて」について詳しく知りたいという方は、ぜひ一度お店のHPをご覧になってみて下さいね。

 

西山美華の夫や子供(息子)との生活は?

出典:https://shokubutsuseikatsu.jp/article/news/p/7721/

結婚と30歳を迎えたことを機に、夫と共に花屋「みたて」をオープンさせた西山美華さん。

お店をオープンしてすぐに子供(息子)が生まれたことで、仕事と子育ての両立は大変だったことでしょう。

一時は体調を崩してしまったことで、現在の完全予約制というスタイルに変更した西山美華さんですが、結婚した夫や子供(息子)との生活にも変化は生じたのでしょうか?

結婚した夫や子供(息子)とどんな生活を送っているのか気になりますよね~。

その前に、西山美華さんが結婚した夫についてですが、以前は別の生花店に勤めていたという情報は公表されているものの、名前や年齢といった情報は見当たりませんでした。

顔画像も出回っていないようだったのですが、おそらくこの画像の男性が西山美華さん夫ではないでしょうか?

出典:http://kyoto.kurasutabi.jp/

もし、この画像の男性が西山美華さんの夫であれば、とても優しそうな夫に見えますよね。

夫と結婚し、花屋「みたて」をオープンした当初は、店舗と自宅が一緒(1Fと2F)だったために、オンとオフのない生活を送っていたとのこと。

それが体調を壊してしまった原因の1つだったために、現在は緑をいつも感じられる集合住宅で生活しているそうです。

その生活の中で、西山美華さんが大事にしているのが、1人息子と過ごすかけがえのない時間なのですよね。

ちなみに、彼女の1人息子は2021年6月現在、8歳となる小学二年生とのこと。

息子さんの画像がこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

西山美華(@nishiyamamica)がシェアした投稿

西山美華さんは、息子さんのことを”まんさく”と呼んでいるようですね。

庭が広くて、緑に囲まれている集合住宅を選んだのは、息子のまんさく君が”ここなら毎日気持ち良く過ごせるのではないか?”という想いで選んだそうです。

そのおかげか、息子のまんさく君は花が大好きな子供だそうですよ。

また、西山美華さんは息子のまんさく君と遊び時は、出来るだけ手を動かして遊ぶように心がけているとのこと。

”自らの手を使って遊ぶことで、興味の幅が広がりモノを創り出す力が付くのでは!?”という彼女なりの考えがあるようです。

そのため、息子のまんさく君とは、お菓子作りをしたり、身近な植物を使ってお絵描きをしたりするそうですよ。

常に自然と触れ合える生活は、子供にとっては非常に重要なのかもしれないですね。

まんさく君が、将来どんな大人に成長していくのか楽しみです。

IEGOTO(イエゴト)運営者のプロフィール


あやの
1982年生まれ 1児のママ
好き:インテリア/ウェブデザイン/写真/おいしいもの

2014年、10年間働いた職場を退職し遠方に嫁ぐ。 友達も知り合いもゼロの土地で専業主婦として暮らし始めることとなる。
新婚でウキウキしていた私に待ち受けていたのは、同居した義母からの洗礼。 その後部屋に引きこもる生活を送っていたが、手持ちの貯金も減り、 なんとかしなければと始めたアフィリエイトで大逆転!
在宅で子育てをしながら少しの作業で月10万円以上を稼ぎ出す生活を送っている。
その後、身につけたアフィリエイトのノウハウを初心者にも分かりやすくまとめて 現在、WEBコンサルタントとして活動中。
在宅でもスキマ時間でも実践できるように改良を重ねた 通信教材『IEGOTO LIFE Revolution』は、動画を見ながら マネして進めていくだけで初心者でもアフィリエイトに取り組めると大好評。
おかげさまで毎日ダウンロードされ続けています。

関連記事はこちら
素敵な女性のセブンルール

渡邉美保子/夫の突然死で跡継ぎに…今現在の娘との生活は?穂州鯛の価格やお取り寄せは?

2021年1月11日
子育て中でも在宅で月収10万円以上を稼ぐ!IEGOTO
玄海町の外津湾で、鯛やカンパチ、ハマチやブリの養殖・加工・販売をされている渡邊水産。 渡邊水産を女性社長として切り盛りしているのが、渡 …
素敵な女性のセブンルール

梶浦由記の天才的な曲とは?経歴も凄い!代表作や提供曲は?結婚し夫や子供はいる?

2021年6月7日
子育て中でも在宅で月収10万円以上を稼ぐ!IEGOTO
人気アニメの音楽を数多く手掛け、2020年に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌『炎』を担当したことが話題になった作 …
素敵な女性のセブンルール

竹内由里子(あんこやぺ)の通販店やお取り寄せはどこ?経歴は?結婚して夫や子供がいる?/セブンルール

2021年1月25日
子育て中でも在宅で月収10万円以上を稼ぐ!IEGOTO
岡山県美作市と大阪府中津で、あんこや『ぺ』を一人で経営している竹内由里子さん。 竹内由里子さんは、”今、最も見たい女性”の田舎で暮らす …