毎日を『余裕』で生きよう!自宅をオフィス化してブログで月10万円を稼ぐ講座はこちら
お金の悩みや不安

専業主婦になりたい!働きたくない!を叶えた私の方法…夫の年収や婚活は関係ない

こんにちは あやのです。

今でこそ、アフィリエイトを始めて金銭的にも精神的にも安定した毎日を送っているのですが、嫁いだ頃と言えば、もう毎日が憂鬱でなんにも考えずにボーっとする日々でした。

元々、専業主婦にうっすらと憧れがあった私…。
遠方に嫁いだこともあり、仕事をやめざるを得なかったのもあって、旦那にも「嫁いだら自分のお小遣いを稼いでもいいし、共働きでも専業主婦でもどっちでもいいよ」と言われていた私でしたが、現実は、違いました。

もう一度言うけど、現実は違うよ!!!!

言うだけならタダなんだよ…。
みなさん、騙されないで!!

私から見た嫁ぎ先の実態は、浪費癖もあって家計は結構ギリギリの状態。
お義母さんは、あまりの金欠にお金にがめつくなっていて、「働かないなんてこの県ではありえない!!」と失業保険中の私に思いっきりけんかを売ってきました…(涙)

私が専業主婦になりたかった理由

結婚する前は、念願だった一人暮らしをして毎日誰にも縛られない生活をしていました。
当時働いていた会社では、男の人と同じ業務内容を受け持っていたので、忙しい時は深夜までの残業もあったし、締切に合わせて作業するというような生活をしていました。

でも、女性だからという理由で、給料は低かったんですよね。
そして、どんどん歳をとっていくのにこの仕事内容だったら私、無理かもって思ったんです。

仕事に慣れてきて10年目でこの先が見えてしまったというか…。
結構頑張って働いたから仕事はもういいかな。出来ることならゆっくりしたいと思ってしまいました。

生活のためだから、稼がないと生きていけないんですけどね^^;
仕事は辞めて、第2の人生…子育てしてケーキ焼いたりする毎日を送りたいな、、なんていう、あまーい夢を見るようになっていきました。

一人暮らしは自由でものすごく素敵だったけど未来が見えないというか
…常に先が不安になってしまうのはなんででしょうね。

専業主婦願望は幼少期の家庭環境?

なぜ私が、漠然と専業主婦になりたいと思っていたのか…。
それは専業主婦という生活が身近なものだったからかもしれません。

専業主婦と共働きを選ぶ大きな理由として、育った環境っていうのが大きいと思うんですよね。
私の母親も専業主婦(だったり時に在宅で仕事)をしていたので、結婚後、こういう生活になるっていうのが普通なことっていう価値観になってしまっているんですよね。

専業主婦になりたい!と言っている女性や彼女が居たら、彼女のお母さんがどういうライフスタイルで生活したか聞いてみるといいかもしれません。おそらくお母さんの影響を受けていると思われます(笑)

勝ち組?負け組?専業主婦にもランクがある…

よく専業主婦 VS キャリアウーマン、勝ち組・負け組はどちら?なんていうお題があったりすると思うんですが、この話題、実はナンセンスだよねってすごく思うんですよ。

一言でまとめると、女性それぞれ、価値観違うし性格が違うから専業主婦が合う人もいるし、キャリアウーマンやっていたほうが性に合うっていう人もいると思います。
多分、勝ち組・負け組を決める最大のポイントは何かといったら、おそらく「幸福度」ではないかななんて思います。

キャリアウーマンでバリバリ働いて羨ましがられるけど、実は専業主婦になってゆっくりしたいのが本音。という場合や、旦那が専業主婦になってくれって言うから仕方なく…という方もいらっしゃると思います。

結婚後の第二の生活のライフスタイルが、

1 自分に向いた生き方(専業主婦orキャリアウーマン)である
2 自分の望むような生活を送れている

この2つがクリアできていたら、他人がとやかく言おうと、かなり幸福度が高いと思います。

私のように専業主婦になるには、旦那さんの同意さえあれば簡単になれるものなんです。
しかし、問題なのが、「自分の望むような生活が送れている」幸福度の高い専業主婦になれるかどうかは人それぞれです!←※ココ重要

ようするに、幸せな専業主婦になれるかどうかは「お金があるかどうか」ここに直結するんですよね…。

・専業主婦だけど節約生活で外食にもいけない
・専業主婦で時間はあるけどお金がないから暇を持て余している
・専業主婦だけど、子育てや介護で忙しい…
・専業主婦で自分の稼ぎがなくて夫のお金を使うのが申し訳ない

専業主婦になってみたものの、こんな我慢を続ける生活は意外にしんどいものです。

だから婚活して、お金のある年収の高い男性を夫にしたいと思う女性が多くなるのは当然です。
大きな声で言うのは憚られますが、女性の願望として、根底にはこんな気持があるかたも多いと思います。

専業主婦派である、私の個人的な意見ですが、

・共働きでしんどくて、家事の押し付け合いで喧嘩するより、お互いにゆとりを持って生活したい
・子供に余裕を持って遊んであげたり、いろいろ教えてあげたい

働きたくない!という気持ちよりも、こういう理由が大きいんですよね。
ゆとりを持った家庭を作りたいって思うんです。

元凶はこういう生活が一般的な家庭の状況になってしまっている社会環境の悪さが1番問題だと思うんですが、共働きで、どちらも仕事で疲れきっていて夫婦喧嘩も増え、夕食作りも、子供の相手も全部、私の担当。

幸せな結婚生活を送るはずだったのに、なんで喧嘩ばかりして疲れきっているんだろう…。

こんな生活がうっすらみえるからこそ、婚活してでも、年収の高い男性を夫にしたいと思うのは、女性の正直な願望なんだと思います。

でも結局、結婚相手に「お金より愛」を求めてしまった私。
お義母さんからは働けって言われるし、貯金はなぜか早く減っていくし、お金がないがために喧嘩が増え、愛が薄らいでゆく…。

そんな時に、出会ったのが在宅で稼ぐという方法だったんです。
これによって私は幸せな専業主婦になることができたんです。

お金もある・時間もある・仕事の充実感もある・最強に幸せな専業主婦になろう!

実際、専業主婦をするデメリットとしてこんな声をよく聞きます。

・専業主婦だと旦那のお金を使いづらいし、おこづかいも少ない。
・社会との関わりがなくどんどん老ける
・専業主婦だと家事の手抜きが出来ない

そもそも、旦那が専業主婦を許してくれないという方もいらっしゃると思います。
でも、旦那さんが専業主婦に賛成しない理由は、稼ぎが足りないからというのが大きいんじゃないでしょうか?

でも、在宅ですきま時間に少しだけ働くだけで月収10万円以上稼げるのであれば、

・専業主婦だと旦那のお金を使いづらいし、おこづかいも少ない。
→自分で好きに使えるお金ができる!

・社会との関わりがなくどんどん老ける
→仕事をすることで社会とつながることが出来、家事と仕事のメリハリがついて相乗効果UP!

・専業主婦だと家事の手抜きが出来ない
→稼いだお金で、家事代行サービスや外食で楽することもできる

なんていうことが可能なんですよね。

年収の高い男性を探して結婚するよりも、自分の幸せは自分で掴み取るほうが、はるかに現実的だと思います。

・出産や子育て、遠方へ嫁いだりすることで、また仕事を探し、面接、再就職をしなくても、
・パソコン1台さえあれば、在宅でもカフェでも旅行先でもお仕事ができる
・育児や雑用が多くて辛い時は誰にも気兼ねすることなく仕事をサボってもいい!

そんな自由度の高い専業主婦に憧れている方は、ぜひ在宅で稼ぐことを始めてみてくださいね^^

パソコン1台さえあれば在宅でもカフェでも月収10万円が稼げる!

優雅な主婦ライフを叶える『IEGOTO LIFE Revolution』

初心者でも分かりやすいアフィリエイト教科書を無料プレゼント!



IEGOTO(イエゴト)運営者のプロフィール


あやの
1982年生まれ 1児のママ
好き:インテリア/ウェブデザイン/写真/おいしいもの

2014年、10年間働いた職場を退職し遠方に嫁ぐ。 友達も知り合いもゼロの土地で専業主婦として暮らし始めることとなる。
新婚でウキウキしていた私に待ち受けていたのは、同居した義母からの洗礼。 その後部屋に引きこもる生活を送っていたが、手持ちの貯金も減り、 なんとかしなければと始めたアフィリエイトで大逆転!
在宅で子育てをしながら少しの作業で月10万円以上を稼ぎ出す生活を送っている。
その後、身につけたアフィリエイトのノウハウを初心者にも分かりやすくまとめて 現在、WEBコンサルタントとして活動中。
在宅でもスキマ時間でも実践できるように改良を重ねた 通信教材『IEGOTO LIFE Revolution』は、動画を見ながら マネして進めていくだけで初心者でもアフィリエイトに取り組めると大好評。
おかげさまで毎日ダウンロードされ続けています。