毎日を『余裕』で生きよう!自宅をオフィス化してブログで月10万円を稼ぐ講座はこちら
お金の悩みや不安

主婦が宝くじに高額当選したら離婚?!不幸にならないお金の掴み方

こんにちは あやのです。

ジャンボ宝くじのCMがガンガンテレビで流れる季節になりましたね(笑)
そして、当たる予感がして、宝くじを購入したというかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

買わなきゃ当たらない!とか言われると、ついつい買いたくなってしまう気持ち、よく分かります。
私も毎年、年末ジャンボだけは必ず購入していた時期がありました。

人はなぜ、当たりもしない宝くじを購入してしまうのか

300円とか1000円とか程度なら当たったことがある方も多いと思いますが、1等が当たる確率は200万分の1とかよく言われていますね。

そして、例えるなら、「隕石にあたって死ぬ」のと同じぐらいの確率だというのも聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

でも、買っちゃう!
外れると分かってるし、そんなに甘いものではないとは分かっているけど買っちゃう!!

そうなんです、夢を見たいんですよね~(笑)

だってみんな薄々感じてるんですよ。

現実に、天地がひっくり返ったとしても自分が1億円を手にする事が一生ないってこと。
どんなに仕事を頑張っても、仕事で凄い功績を残しても、1億円なんていうお金に還元されることなんて無いって分かっちゃってるんですよね。

宝くじを購入したくなるのは、とんでもない金額のお金を「楽に」手に入れることができる唯一のチャンスだからです。

そして、購入したくなる理由がもう一つ。

1億円当選の権利は、お金持ちとか、頭の良し悪しとか、過去とか関係なく、みな平等なんですよね。

とにかく、買うこと。
そして、運が一番いい人が当たる!

ただそれだけなんですよね。
そう思うと、買いたくなる気持ちもとても良く分かります。

でも、実は「自分が貧しいと思っている人ほど宝くじを買う傾向が強い」という調査があるそうなんです。

アメリカの調査結果だが、年収1万3000万ドル(約114万円)以下の家庭では、平均すると1年に645ドル(約5.6万円)を宝くじに費やしていることが分かった。所得が低い人ほど、よく宝くじを買うのだ。

研究チームは、年収10万ドル(約850万円)未満の被験者グループに対し、あなた方は「低所得者」であるとほのめかして宝くじを購入させ、その枚数を比較したところ、年収10万ドル以上のグループが0.67枚だったのに対し、年収10万ドル未満のグループでは1.27枚だったという。

出典:なぜ所得の低い人ほど宝くじを買うのか

これってやっぱり、宝くじによって一発逆転を狙っているからなんじゃないでしょうか?

自分の今の生活では、どうあがいても大金なんて手に入れられない!

宝くじを購入するしか無い

宝くじに賭ければ賭けるほど、深層心理では、どうあがいても大金を手に入れることができないと感じていることの表れだと思います。

念を込めて当たる売り場に買いに出かけたり、買う日を選んでみたり、数字をこだわたりと工夫してみたとしても、その宝くじに当たる確率は、隕石にあたって死ぬ確率と同じなのに!!

そんな確率の低いことにお金をを投資してしまうというのは、結果的に貧しい生活になってしまいやすい気がします。

宝くじは数ある金儲けの方法の中でも、テラ銭・控除率・還元率といった胴元の取り分が一番高いものだからです。その割合はなんと50%を超えるものであり、買った時点で半分負けているようなものです。

出典:http://finalrich.com

宝くじは、パチンコ、競馬、カジノなどのあらゆるギャンブルの中でも、最も還元率が低てく、最も当選確率が低いものなんだそうです。

海外では、宝くじのことを

・愚か者に課された税金
・貧乏人が自主的に払う税金「貧乏税」
・宝くじは頭の悪さに対する税金

と言われることもあるのだとか。

…これ言われたら、もう宝くじ売り場に並ぶことがちょっと恥ずかしくなってしまいそう。
それと同時に、宝くじ売り場に並んでいる人を見る目が変わってしまいそうです^^;

主婦が宝くじに高額当選すると離婚しやすい?

急に大金が手に入ると、人間が変わってしまったり、自分は良くても周りの人が変わってしまったりして、宝くじなんて当たらなければよかったなんていう結果になることが多いようです。

私の精神は、完全に病んできたのが解った。妻が出す料理にも、何か毒が盛られているかも・・・・とか。
会社に行くときのスーツにしても、ホコリが付いているのを取ってくれるだけで、金が目的だろ?って思うようになった。
そして、家の中に、私の気持ちが安らげる場所はなくなっていた。次第に、宝くじを当てた私を知らない人と普通にいたいと思うようになった。

出典:http://takara.blogtown.mobi/

この日記が本当であるかどうか分かりませんが、こんな精神状態になるなんて、ちょっと辛いです。
特に、宝くじって運だけで手に入れるものだから、周りの人の嫉妬を買いやすいのかもしれません。

もしかしたら、私が今在宅でやっているアフィリエイトも、全く知らない人から見たら嫉妬を買いやすいものかもしれません。

・在宅で好きな時間に作業できる
・作業時間は1週間に2時間程度で何万と手に入る
・やりたくない時は作業しない

何も知らない人からみたら、楽して簡単にお金儲けしてる!ズルい!って思うかもしれません。

でも、アフィリエイトに関しては、最初だけはちょっと努力が必要なんですよね。
収入が安定するまで、およそ3ヶ月は収入が少ない状態でした。

でもここを乗り越えたら、私のように、作業が少なくても月に何万円と入ってくる状態が生まれます。
つまり、ちょっとした努力をしてきたんですよね。

宝くじで当たったお金だったらあっという間に使い切っていたかもしれません。
頑張って生み出したお金は大事に使いたくなるし、結局手元に残るお金っていうのは、そういった正攻法でしか手にはいらないんじゃないかなって思います。

ただ、コツコツと自分で努力したお金といっても、普通の仕事で得たお金とアフィリエイトで得たお金には違いがあると思います。

雇われて会社で働くと、

・収入の上限が決まっている
・拘束される時間が決まっている

これが当たり前で普通ですよね。

その分、アフィリエイトは、

・やればやるだけお金が入る
・好きな時間に作業できる

という自由度がとても高いお金の掴み方なんですよね。

アフィリエイトが成功した今となっては、隕石に当たるという確率を待ちわびるよりも、そのお金でサーバーを借りて確実に月10万円の収入を稼いだほうが、間違いなく収入が得られるんだけどな…と思ったりしています。

だって何年投資しても、宝くじで10万円ですら一回も当たったことないもん!

アフィリエイトであれば月10万円の収入なら3ヶ月あれば達成できます。

宝くじなんか一回も当たったことがないという人は、ぜひアフィリエイトを始めてみてください。
私の無料メルマガで、その具体的な方法を紹介していきます。



IEGOTO(イエゴト)運営者のプロフィール


あやの
1982年生まれ 1児のママ
好き:インテリア/ウェブデザイン/写真/おいしいもの

2014年、10年間働いた職場を退職し遠方に嫁ぐ。 友達も知り合いもゼロの土地で専業主婦として暮らし始めることとなる。
新婚でウキウキしていた私に待ち受けていたのは、同居した義母からの洗礼。 その後部屋に引きこもる生活を送っていたが、手持ちの貯金も減り、 なんとかしなければと始めたアフィリエイトで大逆転!
在宅で子育てをしながら少しの作業で月10万円以上を稼ぎ出す生活を送っている。
その後、身につけたアフィリエイトのノウハウを初心者にも分かりやすくまとめて 現在、WEBコンサルタントとして活動中。
在宅でもスキマ時間でも実践できるように改良を重ねた 通信教材『IEGOTO LIFE Revolution』は、動画を見ながら マネして進めていくだけで初心者でもアフィリエイトに取り組めると大好評。
おかげさまで毎日ダウンロードされ続けています。